医院名:西島クリニック 
住所:東京都渋谷区渋谷3-9-9 東京建物渋谷ビル2F 
TEL:03-3400-3637

帯状疱疹予防ワクチン

帯状疱疹とは

帯状疱疹子どもの頃にかかった「水痘(みずぼうそう)」の「水痘帯状疱疹ウイルス」が体内の神経節に潜伏していて、長い年月を経て再び活動をはじめることで発症する感染症です。水痘帯状疱疹ウイルスはヘルペスウイルスの1種で、水ぼうそうにかかったことがあればどなたでも帯状疱疹になる可能性があります。代表的な症状は、身体の左右どちらか一方に現れる赤い斑点や小さな水ぶくれのような発疹で、まとまって帯状に現れます。痛みを伴うだけでなく、治った後も強い痛みが長く残る帯状疱疹後神経痛を起こすことがあるつらい病気です。特に発症が多いのは50歳代後半~70歳以上の高齢者ですが、若い世代が発症するケースも増えてきています。水ぼうそうにかかっている子どもと接触する機会が少ないと免疫が追加されずに帯状疱疹を発症するケースが増えると考えられています。
帯状疱疹は水痘帯状疱疹ウイルスの毒性を減らした生ワクチンで予防効果が高いため、50歳以降に1回接種すれば、ほぼ一生涯帯状疱疹の予防が可能だとされています。なお、ワクチン接種から免疫が付くまでには、約1ヶ月かかります。

帯状疱疹(水痘)ワクチンの接種と費用

帯状疱疹ワクチンは以前からあった水痘(水ぼうそう)ワクチンです。平成28年3月18日付で厚生労働省から水痘ワクチンは帯状疱疹予防の目的で50歳以上への摂取が適応とされるようになりました。このワクチン接種によって、帯状疱疹の発症を予防し、帯状疱疹を発症しても重症化を防ぐことができます。完全に発症を予防できるものではないため、体調管理には引き続き注意してください。
なお、このワクチンの効果は最短でも5年とされているため、再接種には5年以上の間隔を空ける必要があります。

なお、予防接種は予約制ですので、必ずお電話でご予約ください。

予約なしでご来院頂いた場合にはワクチン不足等で接種できない場合がございますので、ご注意ください。

接種費用

8,000円(税別)

接種対象者

50歳以上の方

接種を受けることができない方
  • 免疫機能に異常のある疾患を有することが明らかな方
  • 免疫抑制をきたす治療を受けている方
  • 副腎皮質ステロイド剤及び免疫抑制剤などによる治療を受けている方
  • 妊娠していることが明らかな方
TEL:03-3400-3637
一番上に戻る