ホーム > 胃内視鏡(胃カメラ)

胃内視鏡(胃カメラ)

胃内視鏡(胃カメラ)

西島クリニックでは世界で最も細い直径約5mmの最新上部内視鏡(胃カメラ)を導入しました。患者さんにやさしい、スリムサイズの胃カメラです。

胃内視鏡(胃カメラ)

従来の内視鏡は太さが約10mmサイズだったので、検査中「おえっ」と来ることがあったかもしれませんが、この5mmサイズの内視鏡を使えば、とても楽に検査を受けることができます。

経鼻内視鏡(鼻からの内視鏡)

内視鏡が細くなったことによってできるようになった新しい検査方法です。
今まで口から内視鏡を入れていてイヤな経験のある方はご希望に応じて経鼻での内視鏡も可能です。

経鼻内視鏡の特徴

1 苦痛が少ないのイメージ
1 苦痛が少ない

内視鏡は鼻にスムーズに挿入できる約5mmの細さなので検査中の苦痛が少ないため、強い麻酔の必要もありません。

2 吐き気が起きにくいのイメージ
2 吐き気が起きにくい

内視鏡が舌の付け根を通らず、のどに触れることもないので、不快感や吐き気をほとんど感じずに検査を受けることができます。

3 会話ができるのイメージ
3 会話ができる

検査中も会話が可能です。気分を告げられるだけでなく、医師と自由にお話できることにより...できる検査になります。

検査の流れ(経鼻内視鏡の前処置は少し異なります。)

1 ガスコンシロップを飲んでいただきます。
「胃内視鏡」のアイコン
2 そのあとキシロカイシンで喉の麻酔をしたあと、 ベットに横になっていただきます。
「胃内視鏡」のアイコン
3 そして、胃カメラ検査直前に、麻酔の注射を行います。 これで、非常に楽に検査を受けることができます。
「胃内視鏡」のアイコン
4 検査時間は5~10分です。検査後は麻酔が覚めるまで、 30分ほど休んでいただきます。

クリニックまでどんなことでもお気軽にご相談ください。

内視鏡でわかること

胃がん・胃潰瘍はもちろん、胃食道性逆流症、ベロバクター・ピロリ感染症の有無などがはっきりわかります。