クリニックの特色

クリニックの特色

クリニックの特色のイメージ
内科・婦人科をひとつのクリニックで

経験豊かな女医が、あなたの心身の訴えにゆっくりと時間をかけて、個別対応いたします。
とくに自分の病気が内科なのか?婦人科なのか?迷っておられる方に対応いたします。

全人医療

臓器別医療から全人的医療へ。
例えば、下腹部痛が腸なのか子宮・卵巣なのか・膀胱なのか・心身症なのかを充実した検査設備と幅広い経験知識とで素早く的確に診断。
治療が必要な場合、画一的でなく、手術?薬?漢方?理学療法?等の選択を個別に対応。

受診科目等の相談

都心の開業医はよろず相談に応じます。
例えばメマイの発作のため何科に行ったらよいかわからない。
人間ドック、健診の結果を解析してほしい。OA機器によると思われる頭痛・肩こりが病気なのかどうかわからない。
家族ががん告知されたがどこで手術したらよいか、またどの治療を選べばよいかわからない等様々な相談に幅広く応じます。

東洋医学と西洋医学の併用

高齢化社会による社会構造の変化は、人の心身に複雑な病態を呈し最先端医療でも対応できない場があります。しかし<守りの漢方>と<攻めの西洋医学>を併用したくとも日本の医療機関ではなかなか難しいのが現状です。
西島クリニックでは1Fのつのおクリニックの東洋医学と協力して専門的に取り組んでいます。

病診連携

専門医療機関とのスムーズな連携プレー個人開業医の特色をいかしてさらに専門の検査・治療・入院を要する場合、セコンドオピニオンを要する場合、速やかに適する医療機関に紹介致します。
また、患者さんへの侵襲が少なく解像力が増して診断に欠かせないCT、MRIなどの画像診断も専門の検査施設と連携しており、迅速に対応します。場合によりますが、大学病院と異なり、その日のうちに診断することも可能です。

女性産業医による職場の健康管理(会社健康診断)

従業員50名以上の会社は産業医が必要です。内科・婦人科・心療内科の経験豊かな都心の当クリニックでは、健診結果のまとめ、アドバイスから治療まできめ細やかな指導ができます。
大切な従業員の心身管理は会社発展の大切なキーポイントです。

産業医についての法的な内容については下記よりご確認ください。
http://www.zsisz.or.jp/

「クリニックの特色」のイメージ02
心療内科の入り口

病は気から。がんではないのに疑って眠れなくなったり、転勤のストレスのために胃潰瘍が出来たり、更年期障害の症状を夫が理解してくれず重症になったり、また神経科の治療を本来は必要としている患者さんも内科として来院します。
西島クリニックでは常に心療内科的アプローチを持って患者さんに対応します。以上の条件を満足させるため、西島クリニックは常に勉強し医療としての専門技術と人間としての幅広い知識を高めるべくスタッフ一同努力しています。
1Fで心療内科、東洋医学を標榜している「つのおクリニック」と協力し、東洋医学と西洋医学のハーモニーを目指します。