消化器科

消化器科

胃カメラ(内視鏡)・腹部エコー・レントゲンを備え、消化器専門医が腹部疾患の診断・治療をおこないます。

ストレス時代の慢性胃炎・過敏性腸炎
胃・十二指腸潰瘍(ピロリ菌検査の診断と治療)
逆流性食道炎(最近は夜型の若者に多い)

慢性肝炎(B型・C型)の治療、脂肪肝、胆石、胆のう炎、胆のうポリープの診断
慢性反復性膵炎の経過視察

食道、胃、大腸、肝・胆・膵の悪性疾患の(癌、悪性リンパ肝等)診断
症状は良性疾患と変わらず、早期診断は的確な検査あるのみです。

また、単に腹痛と言っても胃、胆のう、大腸の消化器疾患のみならず、女性の場合はクラミジア感染などの婦人科疾患も考えられ、総合的な診断が必要です。

腹部超音波

腹部超音波により肝臓がんはもちろん脂肪肝、胆石症などの疾患を血液データと合わせて診断・治療ができます。