ヘリコバクターピロリ感染


「内科」のイメージ

ピロリ菌は主にヒトの胃に感染し、炎症を起こす細菌です。
生活環境、特に井戸水などからの感染が多いため、公衆衛生が整ってきた現在は感染率が低下してきていますが、それでも50歳以上の方は約70%以上がピロリ菌に感染しているといわれています。ピロリ菌感染で最も危惧されるの胃がんの発生です。感染した人のすべてが胃がんを発症するわけではありませんが、現在でも胃がんの危険因子とされていますので、感染の有無を一度検査していただくことをお勧めします。また胃痛や胃もたれがピロリ菌の感染による症状であることもあります。


「内科」のイメージ

検査は、呼気試験、採血検査、便検査、内視鏡からの生検などがありますが、適切な検査をご提案させていただき、検査の結果が陽性であれば「ピロリ菌除菌」を内服で行うことが可能です。
ご家族がピロリ菌陽性、胃がんの家系など、気になる環境歴がある方は、ぜひご相談ください。