ホーム > 院長あいさつ

院長あいさつ

院長あいさつ

「院長あいさつ」のイメージ

消化器病(胃・腸・肝臓・胆のう・すい臓)の基礎と臨床を知る女医として1989年に産婦人科医と共に西島クリニックをスタートさせました。
現在の日本の細分化・専門化しすぎた医療システムでは、的確な情報の不足と医師との対話不足の為に、患者さんが複数の科で検査漬け、薬漬けになっています。
西島クリニックでは人間ドック胃カメラなどの設備を備え、内科婦人科を二本柱として患者さんの健康をサポートしていきます。

更に2020年には東京オリンピックが開催されることとなり、国際的に渋谷の街も大きく変化することと思われます。
また社会状況も日々変化しており、皆様の会社や個人の生活も大きく変化し病気も多様化してくるものと思われます。
その中で私達は、人間として変わることのない大切な心を失うことなく、街の小さな開業医として患者さんに対応していきたいと思っております。

都心のクリニックの特色を生かして患者さんの訴えをじっくり聞き、その背景にある環境にも目をむけてgeneral physicianとして全人的医療を目指します。

一般診療の他に
内科・婦人科 その他 何科を受診したらよいか分からない 他医での診断・治療のセカンドオピニオン 健康診断・人間ドックの分析 産業医として会社健康診断メニューの見直し ご家族の病気のご相談

など、大切なご自分や家族の健康維持はもちろん、医療経済上からも一つの医療機関で的確な診療が受けられることは大変にメリットがあります。この西島クリニックの特徴を活かして対応いたしますのでご相談ください。
また、保健診療以外の代替医療(alternative therapy)も積極的に取り入れております。

<院長略歴>
1975年
日本医科大学医学部卒業 同附属病院にて4年間の消化器内科の研修の後、同大大学院にて病理学研究。
1981年~1985年
米国 シカゴ ノースウエスタン大学に留学し、肝臓病理学を修める。
1984年
アルコール肝障害の研究で医学博士となる。
1989年
婦人科・内科として渋谷で開業。

現在刻々と変化する地域の需要に対応すべく”街の小さな女性開業医”として診療に勤しんでいます。

<資格・所属学会>

日本消化器病認定医
日本医師会認定産業医
日本婦人科学会会員
日本内科学会認定医
日本更年期学会会員
日本内視鏡学会会員

その他 東洋医学研究会・心身症医研究会など積極的に参加するとともに、
日赤医療センター、女子医大成人医学センター、都立広尾病院、JR東京総合病院、厚生中央病院、
癌研有明病院等、多くの都内大学病院と連携し、研修・勉強会にはげんでいます。